カードローンの申し込みをする前に

念入りに準備をしてからカードローンの申込みをすると、審査などが楽になります。
これからカードローンを申込む人が、既に別のカードローンを借りている場合もあるでしょう。
その時は、トータルでの返済負担率も審査のポイントとなります。
一年間で年収の40%を越える返済金がないことや、未返済総額の倍以上の年収があることが、担保なしでカードローンを利用する際のチェック項目となります。
貸金業法で、年収の3分の1を超える貸付が原則として禁止される法律が、2009年12月から2010年6月の間に施行される予定です。
現在借りているローンの見直しをし、年収に対する割合をしっかり確認しておきましょう。
これまでの返済状況はどうなっているか、未返済金額がどの程度かは個人の信用情報機関で照会することも出来ます。
納得のいくカードローン会社を見つけ出し、自身の信用情報に問題がないことを見極めたら、いよいよ申込みです。
目的に合ったカードローン商品を、金利手数料、限度額のほか返済時の利便性などチェックしてから、申し込みましょう。
申し込むときの原則は、余分に借りないこと、短期間の利用にすること、ゆとりを持った返済計画で借りることです。
そして、申込みを済ませカードローンを使えば、借りた金額は返さなければなりません。
その事は決して忘れずに、手軽で便利なカードローンを賢く利用するようにしましょう。